交通事故は自分だけの自損事故と他の人を巻き込む自動車事故がございます。自分だけで起こした事故のケースでは自分が事故処理をすれば終わりますが、他人が関わった事故はどちら側にどのような手落ちがあるのかをチェックしてそれにより愛車の修復の費用や示談のお金等が決められるので、自動車の保険屋さんの有識者を交えながらの協議が必要となります。一般的な自動車の事故の際、自分だけでなく相手にもなんらかの責任がある場合が一般的でどちらか一方だけの手落ちが問われるという場面は少ないようです。言うまでも無く赤信号で進んでしまった、一旦停止無視のような違反があって起こった事故なら大きな手落ちになりますが被害者側にも不注意があると指摘されます。車での事故の場面ではどのドライバーの過失で起きたのかという結果が重要なポイントになるので、これを誰にも分かりやすく表した材料が「過失割合」(過失割合)なのです。ひとつの例として、先ほど述べた信号が赤でも進んでしまったり一時停止でもそのまま進んだケースであれば、法律では相手に全ての過失があると見えますがもし事故を起こした自動車が対面から来ていて目で見て確認された場面であれば被害者だったとしても注意不足であったとして1割りぐらいの間違いがあると認められる可能性は0ではありません。つまりその条件では相手9割事故に巻き込まれた人が1割過失割合となってしまい数字が大きいとそれだけのミスが問われる事になります。自動車事故の過失割合は自動車の事故の判例を参考にして結論をだされることが大半で、日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている認定基準表となるものが参考として使われます。この過失割合で、割り当てが高ければ高いほど過失、要するに賠償すべき金額も大きくなりますので、交渉は本人同士だけでなく保険屋さんの係りの人に参加してもらって落ち着いて交渉することが不可欠です。