現実にコンピュータのディスプレイの前に座って、リアルタイムで変動している為替相場を見ていると、何となく売り買いをするという思いに突き動かされる方も多かったりします。だが、不確かな衝動でエントリーすることだけは決してしてはいけません。分かっていると思いますが、外国為替相場は終日いつでもどこかの為替市場は開かれているし相場もどういう時でも変化しています。そうであっても、何度もエントリーを積んでいくとその回数だけ損失が生じる率が上がってしまいます。もちろん、売り買いの数を重ねることによってだんだんと勝ち負けの可能性が五分五分になるのは事実です。でもこの事は「ぼんやりとした感覚で売買」することとは別の問題です。取引回数を増やす意味というのは自ら「ここは!」と考えるチャンスを得られた場合の注文回数を重ねるという事を言っています。ただ何となく、絶え間なく注文を積むのとは明確に異なります。外国為替相場の駆け引きに立ち向かうためには自ら考えてメリハリをつけることが大事です。「ここはいける」と思った市場の時には迷うことなく保持ポジションを買い増して、積極的に儲けを追い求めます。「明らかに頭をかかえる相場で、どう動くのか思いつかないな」と思い至った時は、観念して保持ポジションをひとつも残さないで閉じて何もせず静観します。これぐらいのけじめがあったほうが最後に取引はうまくいきます。外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりです。外国為替相場とはいついかなる時でもポジションを保有する事が肝心な事ではなく、何も保有せず待っている事も状況によっては必要です。では、どういう場面で、休めばよいのだろうか。ひとつは、先に述べたように、直近の外国為替市場が今ひとつ理解できない時です。これからドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は、思いつきで行動すると、自分自身の考えた筋書きとは反対の方向に外国為替相場が推移してしまい、損をする事になります。そのため、そんなケースではポジションを減らして何もしないで様子をみるのが良い方法です。もうひとつの場面は、あなたのコンディションがすぐれない時です。健康状態と為替相場に関係がない思う方もいるでしょうが実際には影響します。体の状態があまりよくなければ外国為替相場の肝心な場面で、冷静な判断ができなくなります。気乗りがしない時は、相場から離れる事も必要な事です。