予測せず突然出あってしまうのが事故です。その状況でどんな風に対処したことが原因となり、保険金の額も相当大きく変化することもありますので冷静な決断力と行動が大事です。予想外の出来事にあって平静さを失ってしまうのならば状況を逃してしまいその先自らが大損を負わされるケースもありますので事故をした場合は正確に次に記述した対処をしましょう。自動車事故を起こした場合に最初にするべき事は負傷した方の確認です。車の事故の後すぐは気が動転するあまり呆然としてしまう場面があり容易に動けないのが普通です。その状況では、負傷した方がいたとしたら危険ではない場所に移して応急な手当を施し周囲に助けを求めるようにして負傷者優先に努めることが重要です。救急車を呼ぶ状況では適切な事故現場を知らせて、不確かな場所では付近の目立つ建造物や地点を伝えて事故が起こった住所が判断できるようにします。その後で110番に通報して、自動車の事故があった旨、そして現在の様子を連絡します。救急車とパトカーを待つ間に事故の相手の事を確かめます。名前、住んでいるところ、免許証番号、車のナンバー事故の相手側の保険会社などなど各々のことを教えあいます。この場面で相手方にミスがあったような場合、現場で片付けようとするケースが存在しますがその場で解決するのではなくどのような時だとしても110番や自動車保険の会社に知らせて、公平にジャッジしてもらう事が必要です。関係者の連絡先を交換したら交通の妨げにならないために妨げになる物路上からどけます。万が一妨げになった物が他者の自動車の妨げとなっている状況ならお互いの情報交換をする前にその対応を行っても問題は起こりません。ここで自らが保険会社に連絡を入れ、車の事故が起きた事を連絡します。車での事故から特定の時間内で車の保険会社に報告していないと、車での事故の保険の適用外に場面も想定されますので極力時をおかずに電話を入れることが大事です。可能であれば事故内容の証拠としてスマホ等を使って現場や車の破損の様子を見ることができる写真を残しておきます。この写真は過失がどのくらいあるのか決める際に重要な証明となりますので自分自身の愛車や先方の自動車の破損箇所をしっかりと写真に残しておくことが大切です。その際に目撃者がいたとしたら警察の方や保険会社の人が辿り着くまで事故現場にいてもらうよう依頼するのも忘れてはいけません。