「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを狙う商品です。

取引の値は、常に変動しています。

これが為替市場です。

ラジオのニュースを聞いていると、通貨の話題が流れる場面があります。

「ただいまのドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。

別の言い方をすると、売り買いには買いと売りの2個の価格があるという事です。

売値、買値の事を別の言い方で提示している取引会社もあります。

普段は売値のほうが買値よりも安く定められています。

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

この差分をスプレッドといいFX取引会社の儲けとされています。

スプレッドはFX業者によって変わります。

スプレッドの広さは投資家にとって費用になるので、狭い取引業者を選択したほうが有利になります。

ただし、同じ会社でも場合によってスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

平常時はドル円の組合せで1銭のスプレッドの狭さであるとしても、相場の上下動が激しい状況では大きくなったりします。

という事で、スプレッドの幅が狭いのと共に、固定しているのが大切です。

現在では変化しないスプレッドの狭さを見せる取引業者もいくつもあります。

実際に業者のトレード画面内で実際のマーケットを調べなければ判断できないのでやっかいですが、とても大事な事です。

重要なお金を使って売買をするのだから実際のトレードの前に興味を持ったFX取引会社の取引口座開設を積極的にして、スプレッドの幅を見ておきましょう。

同じ通貨のペアでも、その場面での変動率によって外貨のスプレッドの広さは変わります。

たいがい、銀行間取引で流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭く、それ以外のペアではスプレッドが大きくなるのが普通です。